HOME >

 今月のコラム

今月のコラム
真珠、一粒の宇宙

小松 博

第187回 | 2020.07.03

玉虫厨子から学ぶこと

20年以上も前のことですが、私の研究室に電気工事関係者が入ってきたことがあります。諸設備を興味深く見てまわっていましたが、突然我が意を得たかのように、ざるに入っていた白い玉を指さし、「これが真珠ですか、随分沢山ありますね」と叫んだのです。核と真珠を間違えているのです。女性と男性とはこと真珠に関しては認識が全く異なるということを初めて知ったのがこのできごとでした。この認識の原点はどこから始まったのでしょうか。私の仕事が真珠関連だと聞いただけで、両者の私への対応は20年前と余り変わっていないのです。女性にとって真珠は代表的宝飾品であり、男性には余り縁のないものです。

しかし飛鳥時代に作られた玉虫厨子は国宝であり、光の干渉によって起こる緑や紫の色調変化は玉虫の翅によるものです。今、私たちが玉虫厨子から学ぶことは、光の干渉起因による美しい色調の変化、すなわち真珠のテリの大切さではないでしょうか。

「JOW-Japan新報」2016年5月号

ページの先頭へ