HOME >

 今月のコラム

今月のコラム
真珠、一粒の宇宙

小松 博

第185回 | 2020.05.26

「幻の真珠の正体は・・・」

一説によると現代は黄色系真珠ブームの渦中にあるのだそうです。シロチョウ真珠の仲間である黄色系のが売れに売れているのだというのです。しかしミャンマー産のゴールドは、“幻のゴールド”と言われ、年に1~2回開かれるミャンマーでの入札会は世界中のバイヤー間の激烈な競争にあったことは数十年前からの常識でした。黄色系真珠のブームは決して今に始まったことではないのです。

真珠には色素由来の色とテリ由来の2つの色が共存していることは前号で述べました。そこから考えますと、黄色系だけが世の女性たちの心を奪うということは狭隘すぎると思います。むしろ光が作る鮮やかな、濁りのない色が色素の周りを補填するところに、幻の幻たるゆえんがあるのではないでしょうか。テリこそ、真珠のいのちなのです。

JOW-Japan新報 2016年3月

ページの先頭へ