HOME > 鑑別・グレーディング>

 オーロラ花珠とは?

鑑別・グレーディング
「オーロラ花珠」とは?
オーロラ花珠での様々な疑問にお答えします

オーロラ花珠とは?

当研究所発行の鑑別鑑定書において、アコヤ真珠(ホワイト系)の最高品質の範ちゅうと認められた真珠に与えられる特別呼称です。従来「花珠」という呼称で親しまれ、当研究所でも長らくその呼称を用いてきましたが、現在ではすべて「オーロラ 花珠」で統一されています。




「花珠」と「オーロラ花珠」の違いはなんですか?

「花珠」は一般的に最高品質の真珠を指しますが、明確な定義があるわけではありません。
オーロラ 花珠」は、伝統的呼称に今日的意義を持たせ、
さらに客観性を与えて真珠科学研究所では次のように定義付けをしています。

  • 6ミリ以上のホワイト系アコヤ真珠に適用します。
  • まきは0.4ミリ以上とします。
  • かたちはセミラウンドまで許容範囲とします。
  • きず(面)は真珠科学研究所基準でチェックします。
  • テリを最重視し、輝きと干渉色の両面を真珠科学研究所基準でチェックします。

「オーロラ花珠」以外にも「オーロラ○○」というのはあるのですか?

画像「花珠」は伝統的に、アコヤ真珠(ホワイト系)に与えられる呼び名です。したがって、「オーロラ 花珠」以外にも、真珠の種類別にそれぞれの特別呼称を定めています。以下のような呼称です。

特別称号一覧

「オーロラ効果」とはどういう現象ですか?

オーロラ効果画像当研究所所長の小松博(芸術工学博士)が2001年に発見した「真珠の下半球に現れる反射の干渉色(光彩色)」のことです。この現象を「オーロラ効果」と呼んでいます。真珠を拡散光源の上に置くことによって、写真のような「オーロラ効果」を確認することができます。「オーロラ効果」の現象の説明には、光学的な理論が不可欠です。

鑑別鑑定書に「オーロラ実写が像」が添付されてる理由は?

テリの強い真珠・テリの弱い真珠画像大きく分けてふたつの理由があります。最新の画像処理技術を駆使することにより、オーロラ効果をほぼ実物並に撮影することが可能になりました。 その添付は以下の2つのことを意味します。

  • テリの評価を客観的に現すことが可能となります。現れる干渉色の色相、彩度、明度の違いがテリの強さと一定の相関性を有しているからです。
  • 真珠層の構造はミクロレベルでその模様を観察しますと、ひとつとして同じものはありません。このことはオーロラ効果の色模様もすべての真珠は異なっていることを示しています。この事実は画像添付が同一性の確認に使用できることを意味します。
ページの先頭へ