HOME > 鑑別・グレーディング>

 パールマーク

鑑別・グレーディング
パールマーク
7項目の品質規格基準をクリアした真珠にパールマークを添付します。

パールマーク制度が導入されたのはPSLパール グレーディング システムが発表された2000年のことで、「品質規格基準を設定し、商品として十分価値を有する真珠であることを検査し立証する」ことを目的としています。真珠の根本がここにあり、パールグレーディングの基礎を成しています。品質規格基準の考え方を(1)真珠層の耐久性の維持、(2)真珠の 定義からの逸脱防止に置き以下の7項目をクリアするものとしています。(PSLパールグレーディングシステム2008改訂版より)

養殖半形真珠、養殖スリークオーター真珠は該当しません。

※商習慣を重視し、欠陥がなければパールマークシルバーを発行

稜柱層、有機質層が露出しているものは該当しません。

破損、層割れ、カットによる断面露出のあるものは該当しません。

真珠層が薄く、内部の核の模様が認められるものは該当しません。

真珠内部の核が割れているものは該当しません。

加工きず(亀裂、剥離、ひび、スポット)が認められるものは該当しません。

その他着色過度による着用時に問題を起こすものは該当しません。

  • 稜柱層露出
  • バロック珠に多い。異質な層が内部で
    発達。乾燥で崩壊する恐れあり。
  • 層われ
  • 極端な温度・湿度変化により発生。
    経年変化によりわれは発達します。
  • うすまき
  • 真珠層のまきが0.3ミリ未満のもの。
    経年変化により品質低下顕著。
  • ひび
  • 主に加工で発生。
    過度のものは不合格。
  • 核われ
  • 内部の核がわれているもの。
    経年変化によりわれが
    真珠層に伝播する可能性が高い。
  • スポット
  • 加工きずの代表、
    真珠層崩壊のバロメーター。
    経年変化によりテリ鈍化。
ページの先頭へ